男性の薄毛の原因

男性の薄毛の原因は、主に次のような原因があります。

 

遺伝や男性ホルモンによる影響

男性の薄毛の要因は、ほとんどの場合は遺伝です。また男性ホルモンが多い人は薄毛になりやすくなります。男性ホルモンに含まれるストステロンが髪を発毛する毛乳頭の5αリダクターゼという因子と結合してジヒドロテストステロンを発生させます。これが抜け毛の原因となります。

 

食生活の乱れや睡眠不足

そして食生活の乱れや睡眠不足も薄毛の原因となります。脂肪分の食事は頭皮の皮脂分泌を増やし、頭皮トラブルを招きます。男性ホルモンが増えると皮脂分泌が増えるので、男性はもともと女性に比べて皮脂が多いうえに、脂っぽい食事を好む傾向があるのでさらに皮脂が増える条件が増えます。また睡眠不足も頭皮や髪の成長に悪い影響があります。特に午後10時から午前2時までの髪の成長する時間帯(髪のゴールデンタイム)に頭皮を休息させ、髪が成長しやすい環境にないと育毛が進みません。不規則な生活で、睡眠時間が短くなり、髪のゴールデンタイムに髪の成長が促されないと薄毛の要因となります。

 

運動不足

薄毛の原因の一つとして、血行不良があります。頭皮が血行不足になると血流の流れで乳毛頭へ送られていた栄養素が行き届かなくなります。そのため髪の成長に必要な栄養分が頭皮に充足されなくなります。頭皮の血流が悪くなると頭皮が固くなり頭皮トラブルの原因となります。運動不足になり、体の代謝が悪くなると、頭皮も同じように血行不足になり、これが薄毛の原因となります。男性の場合、お仕事などで忙しく運動する時間がなくなると運動不足に陥りがちです。

 

間違えたヘアケア

そして間違えたシャンプーの方法や髪のお手入れが原因で薄毛を起こすこともあります。朝夕2度のシャンプー、熱湯や冷水によるシャンプー、髪をゴシゴシと強く洗いすぎること、刺激の強い種類のシャンプーの使用など全てが髪や頭皮にダメージを与える行為です。最近は若い方の中には、男性でもカラーやパーマをしている人もいるのでそれらも髪や頭皮にはダメージを与えます。

 

ストレス

そして男性の薄毛の要因の一つとして、ストレスもその原因となります。ストレスが多い状態は、副交感神経より交感神経が優位になり男性ホルモンが増加します。これが皮脂の分泌を増やし、結果的に薄毛の原因となります。そしてそれ以外にも喫煙、アルコールなども薄毛の原因となります。