AGAは男性ホルモンが関与している

男性の薄毛は、ほとんど男性型脱毛症(AGA)により起こります。このAGAの原因となるのが男性ホルモンです。今回は、男性の薄毛のAGAと男性ホルモンの関係についてご説明します。

 

男性型脱毛症(AGA)とは

AGA(エージーエー)は、男性の薄毛の大半を占める薄毛のタイプです。思春期以降に男性ホルモンが増えると起こる脱毛症です。特に中年期以降に症状が進むことが多く、脱毛の部位は頭頂部や生え際に起こります。徐々に脱毛部位が広がり、やがて頭皮全体が脱毛していきます。また、進行が速いのも男性の脱毛症の特徴で、女性の脱毛がゆっくりと進行し、ある程度までしか進まないのに対して男性の脱毛は頭皮全体にまで及びます。その理由は、遺伝的な要因が大きく、予防や対処が難しいこともあります。それ以外にもストレスや食生活、睡眠不足、運動不足、喫煙なども影響します。男性は、これらのすべての要因で男性ホルモンが増加すると、AGAになりやすくなります。

 

遺伝でAGAになるのは男性ホルモンが理由

AGAになるのは、遺伝要因が大きいことはお話したとおりですが、それは。AGAを起こすジヒドロテストステロンが遺伝によって決まるからです。遺伝的な体質でこのジヒドロテストステロンが多い人がいます。さらにジヒドロテストステロンを発生させる5αリダクターゼという還元酵素も遺伝によって量が決まっています。5αリダクターゼは、テストロンをジヒドロテストステロンに転換させる還元酵素ですが、これが多いとよりジヒドロテストステロンが発生しやすくなるので結果的に薄毛になりやすくなるということになります。そしてジヒドロテストステロンが働く毛母細胞の働きも関係しています。毛母細胞の受容体が敏感な人はよりジヒドロテストロンが活発に働くので、よりAGAが進行しやすくなります。この毛母細胞がジヒドロテストステロンに敏感なのも遺伝的によって決まります。体質的に受容体が敏感な人がいます。

 

男性ホルモンの影響

そしてジヒドロテストステロンには、ヘアサイクルを乱れさせる働きがあります。ヘアサイクルは育毛期、退行期、休止期という3つのサイクルを繰り返すことで髪の生まれ変わりを繰り返していますが、育毛期が短くなり、休止期が伸びると、薄毛が進みやすくなります。髪は長い間休止し続けると、やがて永遠に生えてこなくなる、つまり永久的に脱毛状態になってしまいます。さらに男性ホルモンには頭皮トラブルの原因となる皮脂分泌を促進する働きがあります。これら2つの理由で男性ホルモンがAGAを引き起こします。

 

 

 

抜け毛や薄毛についてコンプレックスを抱いている"男の人の存在は1260万人、"そして何か対策をとっている男性は500万人位とみられています。このことを見てもAGAは誰にでも起こりえることといえますね。近年多くの育毛・発毛クリニックにて、レーザーを活用して抜け毛治療も提供されるようになってきています。直接レーザーを照射することにより、頭部の血行をスムーズになるようにするといった効き目が期待できます。女性に関するAGAも男性ホルモンが関与していますが、実のところ男性ホルモンがそのまま働きかけるというよりも、ホルモンバランス上の不安定さが大きな原因です。自身がなぜ自然に髪の毛が抜毛してしまうのか症状に対してピッタリの育毛剤を使用することにより、抜け毛の量をストップして健康な頭髪を育てなおすことが可能な大変強力な一助になります。プロペシア錠(商標医薬品フィナステリド)は男性型脱毛症に限っての薬でそれ以外の抜け毛には治療改善効果が一切ゼロのため、それ故未成年者及び女性であります場合は、遺憾でありますがプロペシア錠剤の処方を受けることは不可能だと言えます。

 

通常診療部門は、皮膚科となっておりますが、しかれども病院・クリニックでも薄毛治療の事柄に詳しくないような場合は、プロペシア錠の内服薬のみの提供にて終える先もしばしば見受けられます。たとえば「薄毛の治療をすることを機に、全身を健康に美しくしてみせる!」というレベルのやる気で努力すれば、その分早く完治につながることになるかもしれません。30歳代前後の薄毛においてはデッドラインは先で大概まだ間に合います。まだ若い年齢だから治すことが出来るのであります。30代で頭の薄毛にコンプレックスを抱いている男性はいっぱいおります。効力が期待できる対策をとることで、今日開始したとしても確実に間に合うといえます。育毛シャンプーに関しては、頭皮の皮脂やゴミの汚れを流れ落とすことにより育毛成分の吸収率を活発にするといった効き目があるので、薄毛治療・ヘアケアに関して、大切な働きを担当していると考えられます。アミノ酸成分配合の育毛シャンプーは、地肌に対しての刺激も小さくて、汚れを落としつつも大事な皮脂はちゃんと残す作用になっているため、育毛をするにはとりわけ向いていると言えるのではないでしょうか。

 

遺伝関係なく男性ホルモンが過剰に分泌してしまったりなど体の中で引き起こるホルモンバランスにおける変化が関係して髪が抜け落ちハゲがもたらされるようなこともよくあります。一般的に精神的ストレスを無くすことはやはり簡単なことではないですが、可能な限りストレス・プレッシャーが蓄積しないような日々を維持することが、はげの進行を止めるために特に大事だとされています。普通の育毛シャンプーは元から洗髪できやすいように計画され販売されておりますが、シャンプー液自体がそのまま頭に残存していることがないよう、確実にシャワー水で洗い落とすようにしてあげるのがベターです。びまん性脱毛症においては大多数が中高年の女性に多々見られがちであって、女性の場合の薄毛のほとんどの要因であると言われています。簡潔に言えば『びまん性』とは、頭頂部全てに影響が広がるという意味でございます。正しい頭の地肌マッサージは頭の皮(頭皮)の血液の循環をスムーズに行き渡らせてくれます。よって頭の地肌マッサージは、抜け毛の発生を止めることに効果的ですから、抜け毛に悩んでいるという方は是非繰り返し行い続けるようにしていきましょう。