AGAは不健全な生活が原因

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンの影響が大きいことは先回お話したとおりですがそれ以外にいくつかの事柄が関係しています。なかでも大きな理由となるのが不健康な生活です。次のような事柄がAGAに悪影響を与える要因です。

 

食生活の要因

一つ目は食生活の乱れです。抜け毛や抜け毛の原因は、過剰な皮脂分ですが、これを促進する食べ物があります。特に悪いには、油っぽい食事で、AGAの原因となる男性ホルモンによる皮脂分泌をさらに促進します。皮脂分泌は、男性ホルモンの影響で増えますが、脂っぽい食品が多いとさらに頭皮の皮脂が増えて中年以降の男性の頭皮が大変脂っぽいのはこのためです。脂分の多い食品としては、肉類やバターなどがあります。またファストフードや揚げ物などはその一つです。男性の方は外食が増えてバランスの悪い食事になることや、遅い時間に夕食を食べる食習慣になりがちです。甘い物やアルコールも頭皮や髪には悪い影響があります。

 

睡眠不足の要因

そして睡眠不足も関係しています。睡眠は、髪の成長にとっては大切な要素です。特に髪が成長すると言われる午後10時から午前2時までの髪のゴールデンアワーに頭皮を休めて、髪を成長させるのが育毛には大切なことです。忙しい毎日で睡眠不足になり、髪のゴールデンタイムに十分な休息をとらないことは、頭皮に髪の成長を妨げます。男性ホルモンの影響で抜け毛になりやすいうえに、髪の成長もストップするとさらに薄毛が進行していきます。

 

運動不足の要因

中年以降の男性の方は、お仕事が忙しくて運動不足の方が増えます。運動も頭皮の健康には大変重要なことです。運動をして新陳代謝が高まることは、頭皮の血行促進にも繋がります。頭皮の血行不足は、血流で頭皮に十分な栄養が届かなくなり髪を育てる頭皮が不健康な状態になり育毛差がそくしんされません。また頭皮が固くなり、頭皮のトラブルの原因ともなります。これらがAGAの薄毛をさらに促進させていきます。男性ホルモンの影響で頭皮の髪の状態は低下しているところに、さらに運動不足が重なるとますます状況が悪化します。

 

ストレスの要因

ストレスは、男性ホルモンを促進させる要因となります。ストレスを常に感じていると、自律神経のバランスが乱れて、副交感神経より交感神経が優位になります。このような状態は、男性ホルモンを促進して、結果的にAGAを促進させる要因となります。このようないくつかの生活要因がAGAに関係しています。

 

 

不健全な生活が原因でお肌が悪い状態になるように、当たり前ですが不健康な食事の摂取、生活スタイルを続けていたら毛髪はもちろん身体中すべての健康維持にかなりダメージを与え、将来「AGA」を誘発することが考えられます。実際に育毛にはツボ刺激をすることもプラス効果がある主な方法の1つと言えるでしょう。百会はじめ風池・天柱の三ヶ所のツボを適切に指圧を繰り返すと、薄毛及び脱毛の防止に有効であると医学的にも認められています。通常プロペシア錠(別名フィナステリド)は男性型脱毛症のみに処方されその他の抜け毛症状については治療効果が全く無い為、よって20歳未満や女性の際は、残念ですが病院にてプロペシアを販売してもらうことはできないのです。日本人の多くは生え際箇所が徐々に薄くなるよりも先に、頭頂部周辺がはげることが多いわけですが、しかし白人の外国人はおでこの生え際及びこめかみ箇所が薄くなり、切れ込みがもっと深くなっていくものです。近頃やたらと、『AGA』(エー・ジー・エー)の医学的な言葉を耳にすることがあるかと思うのですがどういった意味か知っていますでしょうか?日本語で表すと「男性型脱毛症」と言い、多くは「M字型」のパターン、また「O字型」の2種類あります。

とにかく薄毛の様子が範囲を広めていて緊急の対応を要するという場合、また精神的ダメージを抱えている際については、出来る限りしっかりしている専門病院で薄毛治療を実施することがベストです。実際抜け毛対策をする上で1番はじめに取り組まなければならないことは、何よりまず髪を洗う際に利用するシャンプーの見直を行うことです。よく出回っている市販のシリコンが入っております化合界面活性剤のシャンプー等は当然問題外だと断定できます。病院施設が増加しだすと、その分だけ治療費が安くなるといった流れがございまして、ひと時よりは患者サイドの負担が減り、楽な気持ちで薄毛治療が開始できるようになりはじめました。一口に育毛と言っても幾多の予防手段が提供されています。育毛剤、サプリメントなどといったものがそれらの一種です。けれど実のところ、そのなかにおいて育毛シャンプー液はどれと比較してもNO.1に重要とされる任務を担うマストアイテムだといえます。実際濡れた状態でいますと、ウィルスやダニなどが増しやすくなるため抜け毛対策を成功させるためにも、シャンプーを終えた後はスピーディに頭中を適切に乾かし水分をとばしましょう。

 

当たり前ですが爪を立てながら荒っぽく髪の毛を洗ったり、洗浄力があるシャンプーを利用しているという場合、地肌を直接傷付け、はげになることが起こってしまいます。それは傷を受けた地肌そのものがはげの範囲拡大を進行さていきます。通常の育毛シャンプーは基本的に洗髪がやりやすいようにプランニングされていますが、シャンプー剤がそのまま頭にくっついたままにならぬよう、キッチリ水で洗い流してあげるように。紫外線が強いような日は日傘を差すといったことも主要な抜け毛対策でございます。必ずUV加工アリの商品をチョイスするようにしましょう。外出の時のキャップやハットと日傘においては、抜け毛改善・対策にとって必須品であります。
世間で抜け毛かつ薄毛の症状を気がかりに感じている男性は1260万人、またそのうち何か対策を実行している男の人は約500万人と推計発表されています。これらからAGAはよくあることといえます。事実薄毛および抜け毛の発生要因は一つとはいえません。大きく区分すると、男性ホルモンや遺伝、日常的な食・生活習慣、ストレス・プレッシャー、基本的な地肌のケア不足、何らかの病気・疾患が関係しているといえます。