薄毛対策に効くツボ

男性の薄毛の主な原因である男性型脱毛症(AGA)は、頭皮の血行不良やストレスが原因となります。このような原因が起こすAGAにはツボ押しが有効な対策方法となります。今回は、薄毛の方に良いツボをご紹介します。

 

 

薄毛・抜け毛によい頭部のツボ

百会(ひゃくえ)は、頭皮の血流改善には最も効果があるツボです。男性ホルモンの影響で、頭皮が固くなり、頭皮の栄養が滞っている方や頭皮トラブルがある方に効果があるツボです。百会は、頭のてっぺんにあり、左右の耳の延長線上と鼻からの延長線が交わる部分です。百会には内臓の働きを整え、便秘予防の効果もあり、健康増進などをしたい方にも最適です。
風池(ふうち)は、頭痛、疲れ目などにも良い頭皮全体の血流を高めるツボです。お仕事で長時間同じ姿勢のままパソコンの前に座っているという方にも良いツボです。このような状態でいると、首や肩のコリで頭皮の血流が悪くなります。風池は、髪の生え際にある首筋のくぼみの部分です。後頭部の首の付け根にあり、後頭骨の下のくぼみから数センチほど離れた2カ所のツボです。頭周りのコリは頭痛、さらに脳の活性化にも良いとも言われています。首筋の緊張を緩和して、疲れ目にも良い効果があるのでお仕事中の疲労回復にも有効なツボです。
天柱(てんちゅう)は、風池とおなじように頭周りの血流を促進するツボです。頭痛や肩こりに良いツボです。首の中央のくぼみの部分で、中央の太い骨の筋の外側にある凹んだ部分です。
完骨(かんこつ)は、顔まわりの血流を良くするツボです。顔のむくみにもよい効果があるので、頭全体の血流を良くして老廃物を流してくれるツボです。耳たぶの後方の骨の尖った部分の後ろにある骨のくぼみの部分です。
角孫(かくそん)は、頭痛、歯痛、耳鳴り、首のコリ、眼精疲労、めまいなどにも効果があります。お仕事で疲れて疲れが取れない方に最適なツボです。耳の上の髪の生え際あたりにあるツボで、両耳の後ろにある出っ張った骨のやや下にあります。ややくぼみになっているのが角孫です。

 

ツボ押しのタイミング

ツボ押しは、朝夕のシャンプーの後やマッサージと一緒に行います。育毛剤などを使っている方は、この時に一緒に行うとさらに血行促進が高まります。方法は指の腹でゆっくりと抑えるようにして、少し強めに押して痛いと感じる程度まで力を入れていきます。毎日行うと効果が高まるので、朝夕の習慣として続けていきましょう。

 

 

何年後かに薄毛が生じるのが心配で悩んでいる人が、育毛剤を抜け毛を防止する効果を期待して役立てることが出来るといえるでしょう。まだ薄毛が進んでいないうちに使えば、抜毛の進行具合を遅延することが夢ではありません。通常薄毛対策のツボ押しの上手なポイントは、「心地よくって気持ちいい」程度で行うべきで、ソフトな強さ加減は育毛に有効的とされています。また日々地道に続けていくことが育毛を成功させることになります。世の中には毛髪をいくつになっても若々しいままで保ち続けたい、またさらに抜け毛・薄毛について抑制する何らかのコツや予防策が存在するならば知りたい、と気になっているといった人もとても多くおられるんではないでしょうか。個人ごとの薄毛の要因に合った、毛髪が抜けるのを予防し発毛を促す薬・トニック・サプリメント等が複数種発売され人気です。あなたに合った育毛剤を選んで使い続けることで、ヘアサイクルをバランス良く保つケアを心がけましょう。病院に受診した際の対応に違いが出るのは、医療機関にて薄毛治療が実施されだしたのが、割と最近のことであるので、担当科の皮膚科系の病院でも薄毛の治療について詳しい専門の医師が多くないからに違いないでしょう。

 

通常抜け毛対策をはじめる場合先立って取り組むことは、是が非でもシャンプー液の見直しであります。スーパーや量販店で並んでいるシリコン系界面活性剤シャンプーなどは即アウトだと断定できます。はげている人の頭の地肌は、外的なものからのいろいろな刺激に弱くなっておりますから、出来れば低刺激シャンプーを利用しないと、一段とハゲが進行してしまうことが避けられません。ほとんどの日本人については髪の生え際が少なくなってしまうより前に、頭の頂がまずはげることが多いのですが、けれど白人においてはおでこの生え際及びこめかみ箇所が後退しだし、きれこみ加減が深くなりV字型になります。自己判断で薄毛の予防・対策はしてはいますが、どうしても心配があるといった方は、とりあえず一度薄毛対策を専門に取り扱っている皮膚科系病院にて医師に相談されるのが最善です。日本国内で抜け毛・薄毛のことを気にかかっている男の人は約1260万人もいて、何がしかの措置を行っている男性は500万人位とされています。この事実からAGAはよくあることといえます。

 

実は洗髪をやりすぎると、地肌を覆っている皮脂を多く取りすぎて、ハゲの範囲を広げてしまうことになりやすいです。なので乾燥肌の方であれば、シャンプーの頻度は週のうち2回〜3回ほどでも大丈夫でございます。自分自身がどういったことで髪の毛が抜毛してしまうのか要因に合うような育毛剤を使用することにより、ちょっとでも抜け毛を抑えることが可能で健やかな髪の毛を復活させることが出来るとても強力な助っ人になるといえます。実際外来は、皮膚科が担当しますが、けれどクリニックでも薄毛の治療に経験がないところが、プロペシアといった飲み薬1種類だけの提供により終わるといったところも少なくありません。薄毛&抜け毛においては日常的に育毛シャンプーを利用している方が望ましいということは基本ですけど、育毛シャンプーの予防だけでは不十分であるといったことは使用する前に認識しておくことが必要といえます。美容かつ皮膚科系クリニックの機関でAGA治療を専門としているといったケースであれば、育毛メソセラピー療法、もしくはクリニック独自の処置法に基づいてAGA治療に励んでいるというような専門機関が沢山ございます。