薄毛治療の費用・相場

薄毛治療はさまざまな方法がありますが、かかる費用は大体次のようにまとめることができます。

 

内服薬での治療

薄毛治療の内服液による治療では、いくつかのお薬が用いられます。内服薬の治療は、AGAクリニックでも行っているところが多いです。費用の相場としては、20,000〜30,000円ぐらいが治療費です。薬の処方だけであれば、8,000〜10,000円程度となります。最近は、個人輸入などで入手できる内服薬が増えていますが、ジェネリックだと3,000円程度から購入できます。通常は10,000円程度が相場です。

 

外用薬での治療

そして、もう一つよく使われるのが外用薬です。外用薬は直接薄毛の部分や頭皮全体塗って発毛効果を促します。費用は、AGAクリニックでは、内服液と併用でも30,000〜40,000万円程度です。外用薬のみの処方なら10,000円程度となっています。海外輸入のジェネリック薬なら2,000〜3,000円から購入できるものもあります。

 

その他のAGAクリニック治療

内服薬や外用薬以外のAGAクリニックでの治療方法としては、育毛メソセラピーや植毛などがあります。育毛メソセラピーは、頭皮に成長因子やビタミンなどを注射したり、レーザーで頭皮に直接、成分を浸透させる方法です。注射にはミノキシジル、フィナステリドなどがあります。これらの成分を配合して、頭皮に注入します。費用の相場は20,000〜50,000円程度です。高額なクリニックだと1回100,000円かかるところもあるので、クリニックによってかなりばらつきがあります。植毛は、1本当たりの植毛費用が500〜1,000円ぐらいです。そのため、全体で500,000円〜1,500,000円ぐらいかかることになります。

 

育毛剤

最もコストが抑えられる方法として、育毛剤があります。通常育毛剤は、ドラックストアや通販なので手軽に購入できます。費用面では、7,000円〜10,000円ぐらい物も相場です。高ければ20,000円以上するもあります。最近では、髪に栄養を補給して発毛を促進する効果があるものが増えているので、脱毛を防ぐたけではなく、発毛効果も十分にきたいできる商品が増えています。副作用や肌荒れなどの心配もあると言われますが、インターネットなどを通じて比較的安い価格で購入できます。

 

 

ドラッグストアやネット通販では、抜け毛や薄毛対策に関して有効的だとアピールしたものが豊富に市販されております。代表的なものとしてはシャンプーや育毛剤・トニック加えて内服する薬、サプリなど体内から効果をもたらすものが提供されており人気です。実は抜け毛を予防対策するためには、家の中でできる日々のケアがとりわけ大事で、毎日毎日手を掛けるか掛けないかで、歳を経た時の頭の状態に著しい違いが生まれる可能性が高いです。

 

一日のうち何遍も行過ぎたシャンプー数、加えて頭の表面の皮膚を傷めてしまう位に荒々しく適切でない頭を洗う行為は、実際に抜け毛を増やしてしまう引き金になります。ここ数年、薄毛や抜け毛など、頭髪治療専門の医療施設を訪れる人がだんだん増加していて、加齢が原因の薄毛の悩み以外にも、20〜30代周辺の若い層の方からの相談も以前より増加しています。実を言えばそれぞれの病院における対応にズレが生まれているのは、医療機関で薄毛治療が行われ始めたのが、割りと最近であまり実績がない状況なため歴史があさく、病院の皮膚科であったとしても薄毛治療について経験があるところが数少ないからです。

 

実際AGA治療を実現する為の医療施設選びにおいてしっかり把握しておくと良い事は、いずれの診療科であってもAGA(男性型脱毛症)を専門に確実な措置を行う点、そしてわかりやすい治療メニューが用意されているかの点を知る点であります。最近話題の「AGA」(エージーエー)は通常一旦、薄毛がちになっていたとしても、ウブ毛は残っているはず。実を言うと毛包部分があれば、この先も太くて長い元気な髪が育ち続けることが可能であります。ですから「もう駄目だ」なんて悲観することなどないのです。

 

本人が果たしてなぜ髪が抜けていくのか原因に適切な育毛剤を活用すれば、抜け毛を抑制して丈夫な髪を再度取り戻す大きなお役立ちアイテムになります。『AGA』(エー・ジー・エー)とは進行性のものです。何にもしないでそのままにしておくと気付けば毛の本数は少なくなっていって、一層薄くなっていってしまうでしょう。ですのでAGAは早期からの対策が非常に重要です。一般的には、皮膚科でございますが、例え病院でも薄毛治療の専門分野に詳しくないケースだと、育毛を促すプロペシアの内服薬のみの処方箋発行のみで終える先も存在しております。

 

女性の立場でのAGA(エージーエー)にも男性ホルモンが関わっておりますが、これは男性ホルモンがそのまま全部働きかけるというのでは無くって、ホルモンのバランスの悪化が原因であるとされています。ある程度ぐらいの抜け毛なら不必要に意識することはしなくてOK。抜け毛が生じることを大変気を回しすぎても、結果ストレスになります。とりわけお勧めする商品が、アミノ酸系育毛シャンプー。余分な脂・ゴミなど汚れだけを適度に取り除くという選択性の洗浄機能をもつアミノ酸は、敏感な地肌の洗浄に対して最良な成分なのです。当たり前ではありますが薄毛とAGAについには食生活の改善、煙草ストップ、お酒を控える、睡眠改善、心身ともにストレスを溜めないこと、洗髪のやり方の見直しが要です。薄毛相談をする場合は、薄毛分野の治療に詳しい専門病院(皮膚科)で、専門の担当医師が診察してくれるといった施設にお願いした方が、経験についてもとても豊かであるため安心でしょう。